top of page

テスト結果とちょっと違った見方。

更新日:2023年10月19日

 お世話になっております。

 荒尾市では前期テストが終わって1ヶ月程度になります。

 大牟田市でも、2学期中間テストが終わって、早いところでは2週間立ちます。


 宅峰中RSさん、数学満点まで1問ミスはありましたが、当初の課題であったケアレスミスの駆逐、おめでとうございます!


 甘木中AFさん、目標だった英語の90点以上、おめでとうございます!合計点数もまた30点以上上がっていて4月の時からのうなぎのぼりな成長が素晴らしいです!


 宅峰中KFさん、数学30点UP、おめでとうございます!ケアレスミスがなかったらさらに+10点だったと意識されたときの感情、次に活かしましょう!


 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、生徒のテスト結果は控えさせていただいております。


 ちなみに、この定期テストの結果、割りと点数や学年順位だけに目が行きがちなのですがちょっと視点を変えたら、別の考え方も出てきてしまいます。

 

 ちょっと単純かつ、当たり前のことになるのですが、前期中間テストや、1学期の期末テストの内容と、前期期末テストや2学期の中間テストの問題内容は違います。つまり、次のテストは、前回のテストと全く同じではなく、教科書の先の内容が出題されているということです。


 これもまた当たり前のことですが、学校内では、自身(のお子さん)だけではなく、他の生徒さんも勉強しています。それに、学校での授業内容も宿題は皆さん同じ内容です。


 このことから、学年順位が変わっていない⇨内容はそのレベルで習得できている。ということになります。こう考えると、ひとつの成長という形で思えます。

 

 もちろん、「点数をあげたい!」というような目標を持って、テストに挑まれた場合、「順位が変わらない」という結果になってしまうと、ちょっと落ち込むかもしれません。しかし、実際は落ち込む必要はなく、「今回のやり方や勉強時間ではダメだった」と、前向きに反省と次のテストに向けての対策を考えていく方が何倍も重要です。



 #大牟田個別指導教室 #熊本個別指導教室 #大牟田個別 #大牟田中学生個別 #大牟田小学生個別 #大牟田受験対策個別 #荒尾個別 #荒尾中学生個別 #荒尾小学生個別 #荒尾受験対策個別 #明光学園中学受験対策 #大牟田市定期テスト対策 #荒尾市定期テスト対策 #明光学園中学入試対策

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大牟田個別指導教室中間テスト結果

お世話になっております。 先日、大牟田市の一部の公立中学校で中間テストが実施されました。 当然、大牟田個別指導教室に通っていただいている生徒さんも受講されてきました。 その一部の生徒さんの結果ですが、 5科目合計点で、昨年度学年末から今回の一学期中間テスト:86点UP! その中でも数学は31点アップ!英語は20点UP! 生徒さんと一緒に反省会しましたが、数学は凡ミスで10点近く落としていたことを非

スマートフォンの利用制限のメリット

お世話になっております。 先日のブログから、1日3時間以上のスマートフォンを使用している生徒さんの成績上昇率は0%という記事を書きましたが、利用制限をした場合のメリットは、どういったところがあるかですが、チャットGPT-4o先生に教えていただきました(笑) 1. 生産性の向上 集中力の向上: スマートフォンの通知やソーシャルメディアは集中力を妨げる原因になります。これらを制限することで、仕事や学習

Comments


bottom of page