top of page

予習のメリット

 お世話になっております。

 熊本個別指導教室、大牟田個別指導教室、どちらも保護者さんから、「勉強のやり方を教えてほしい」と言われます。

 これまで、復習のやり方に関してはこれまでにもこのブログにも書かせていた抱きました。

 ですが、予習のやり方に関してはあまり書いておりませんでした。

 そこで、今回は予習に関して書かせていただきます。


 予習、言ってしまえば、授業に対して、準備を行うようなものです。

 中学生以降、授業は毎回の授業で新しい内容を学ぶことになります。

 中学数学の中では一番少ないページ数の中学2年生の教科書でも、190ページありますが、年間の標準授業時数は105時間です。

 年間のテスト回数5回と、その振り返り授業5回も含めて計算すると、約95時数程度となります。

 これを190÷95と計算すると、毎回の授業で2~3ページ進むことになります(実際はちょこっと飛ばしたりもしていますが)。

 

 この様に、毎回次のページに進むことになりますので、当然ついていけなくなる生徒さんも出てきます。そんな生徒さんに対して、オススメなのが「予習」です。

 予習を行うことで、授業で行われるよりも、「どこが分からないか」ということを明確にてきます。また、逆に「重要になるところ」を明確化出来ます。このとき、出来る問題と出来ない問題を明確しておくと、より効果的です。

 例えば、教科書に書いてある解法でみいてみようとしても、解けなかった部分は授業での解説をしっかり聞くことで補完できますし、逆に既に予習で出来たところは、「ソコは既に知っている!」と、ちょっと優越感を感じることが出来ます。このことから、50分間の授業を聞く事も、どこで集中するかを明確化することが出来ます。

 

この様に、正直、重要度合いの比重としては、復習7:予習3程度の比率がバランスがいいとは思いますが、もし、苦手科目を得意科目にしたい!というのであれば、予習を行うのは一番の近道といえます。


#大牟田個別指導教室 #熊本個別指導教室 #大牟田個別 #大牟田中学生個別 #大牟田小学生個別 #大牟田受験対策個別 #荒尾個別 #荒尾中学生個別 #荒尾小学生個別 #荒尾受験対策個別 #明光学園中学受験対策 #大牟田市定期テスト対策 #荒尾市定期テスト対策

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無駄な勉強時間

お世話になっております。 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、勉強時間に関してのことをよくご相談を受けます。 あくまで体感的なところになるのですが、小学4年生以下の場合、この時点で1時間半も学習時間が取れていれば、割と大したものです。しかし、小学5年生以降だと、単に勉強時間だけを気にすると、妙なことになってしまいます。よく、中学受験生にいらっしゃるのですが、無駄に学習時間だけ取って、あん

数学の文章題。。。。

お世話になっております。 熊本個別指導教室、大牟田個別指導教室どころか、これまで、前職で渡り歩いた教室でも、数学の文章題が苦手だという生徒さんは多々いらっしゃいます。 そもそも、数学の文章題を解くにあたって、どういった思考力が必要になるのか?ですが、ぶっちゃけ多岐にわたります。chatGPT4先生に答えていただきました(笑)。 ・読解力。文章題の内容をしっかりと理解する能力。 どの情報が与えられて

夏休み後のテスト

お世話になっております。 夏休みが明けて、始まったなぁ。。。と残念に思う生徒さんは、熊本個別指導教室でも大牟田個別指導教室でもいらっしゃいますが、割と忘れられているのは定期テストの存在です。 大牟田では夏休み明けての実力テスト後、早い学校では9月15日から2学期の中間テストが実施されますし、荒尾市では前期期末テストが来週には実施されます。 荒尾市の中学校の場合は夏休み期間中の登校日か、夏休み前の全

Comments


bottom of page