top of page

勉強をする動機付け

更新日:2023年9月21日


熊本個別指導教室・大牟田個別指導教室の江口です。

最近、めっきりと学習に関する内容が減ったなぁ。。。と思われた方、申し訳ないです。

ちょっと夏期講習の準備でばたばたしておりました。


では、改めて。

勉強をしていく動機付けに関してですが、以前、やる気の感違い という内容を書かせていただきました。今回はこの動機付けに関して、もう少し深掘りをさせていただきます


動機付けには「内的動機付け」と「外的動機付け」の2種類があることを書かせていただきました。

「内的動機付け」は自分の内から出てくるものです。

「今より頭良くなりたい」とか、「大金持ちになりたい」とかでもいいです。

容姿の魅力というものは時代によって移り変わりがあるため、一定ではありませんが、「力自慢」と「頭脳明晰」はいつの時代でもモテるため、「モテたい」でも良いかと思います(笑)。

かれこれ前職と合わせて15年、個別指導に携わっていますが、ぶっちゃけ、不順な動機付けのほうが長続きする例はよくあります。

ちなみに、これまで一番強烈だった内的動機付けの例としては、「高校の教員共に頭下げさせてやる!」というものでした。ちなみに、今から8年程前に携わった生徒さんです。

こういう、親御さんから見れば不順な動機でも、いざ大きな壁に当たった時、ソレを乗り越えるための大きな力になります。


「外的動機付け」の典型的な例は、「報酬と評価」です。

「コレだけ成績を上げたら〇〇を買ってもらえる」「コレだけ成績を上げたら◯万円!」「成績優秀=推薦入試バンザイ!」といったものになります。


ちなみに、熊本個別指導教室の講師Kくんは「慶応大学に合格したい!日本で最上位の私立大学に行きたい!」という目的で大学受験を頑張っていたそうです。

この場合、「内的動機付け」と「外的動機付け」を考えると、「合格」という結果から「不合格者よりも優れている」という学校側の「評価」と、「大学に行きたい」という内的動機付けの複合的なものになるかと思われます。


よく、ご家庭でお子さんに「勉強しておかないと、後悔するよ!」と、ご自身の経験を通した後悔を話すことで、発破をかけられている保護者様もいらっしゃるかと思いますが、これも外的動機付けを促す行動の一つと言えます。


#大牟田個別指導教室 #熊本個別指導教室 #大牟田個別 #大牟田中学生個別 #大牟田小学生個別 #大牟田受験対策個別 #荒尾個別 #荒尾中学生個別 #荒尾小学生個別 #荒尾受験対策個別 #明光学園中学受験対策 #大牟田市定期テスト対策 #荒尾市定期テスト対策

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無駄な勉強時間

お世話になっております。 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、勉強時間に関してのことをよくご相談を受けます。 あくまで体感的なところになるのですが、小学4年生以下の場合、この時点で1時間半も学習時間が取れていれば、割と大したものです。しかし、小学5年生以降だと、単に勉強時間だけを気にすると、妙なことになってしまいます。よく、中学受験生にいらっしゃるのですが、無駄に学習時間だけ取って、あん

数学の文章題。。。。

お世話になっております。 熊本個別指導教室、大牟田個別指導教室どころか、これまで、前職で渡り歩いた教室でも、数学の文章題が苦手だという生徒さんは多々いらっしゃいます。 そもそも、数学の文章題を解くにあたって、どういった思考力が必要になるのか?ですが、ぶっちゃけ多岐にわたります。chatGPT4先生に答えていただきました(笑)。 ・読解力。文章題の内容をしっかりと理解する能力。 どの情報が与えられて

夏休み後のテスト

お世話になっております。 夏休みが明けて、始まったなぁ。。。と残念に思う生徒さんは、熊本個別指導教室でも大牟田個別指導教室でもいらっしゃいますが、割と忘れられているのは定期テストの存在です。 大牟田では夏休み明けての実力テスト後、早い学校では9月15日から2学期の中間テストが実施されますし、荒尾市では前期期末テストが来週には実施されます。 荒尾市の中学校の場合は夏休み期間中の登校日か、夏休み前の全

Comments


bottom of page