top of page

勉強法とは?

更新日:2023年7月28日

お世話になっております。

よく、面談に来られる保護者さんから、「勉強のやり方を教えてほしい」とのお声をいただきます。巷では、よく「〇〇勉強法」という本があります。

この「〇〇勉強法」如何にインプットを効率よくやっていくかに焦点が当てられている事が多いのですが、この手の本を読んで、実際に成績が上がったという声を生で聞くことは殆どありません。

以下の③つは、勉強に対して「これだけは重要!」と、おそらくどこの塾関係者も言うであろう重要なことです。せいぜい3つ程度しかありません。


①出来るとこからやる。(モチベーションの維持)

②毎日続ける

③インプットしたらアウトプットも心がける


①出来るところからやる。

極論的なことになりますが、全く出来ない問題にいつまでも向かい続けるのは、それだけでやる気も無くなってしまいます。そのため、ある程度出来る問題から手を出していきましょう。具体的には、半分ちょっとは正解・半分弱ほど間違いが出てしまう様な問題から行っていくのがいいかと思います。


②毎日続ける

割りと有名な計算になるのですが、毎日ちょっとずつでもいいので、努力を重ねる事はとても重要です。

楽天グループの三木谷社長が執筆した「成功のコンセプト」という中に出てくる有名な法則ですが、

■1.01の法則(数式) 1.01^365 = 37.8

■0.99の法則(数式) 0.99^365 = 0.03

上記を軽く解説しますと、今できることから、毎日1%上乗せした努力を行っていくことで、1年後には37倍以上の結果を出すことができますが、毎日1%ずつサボると、1年後にはほぼその力は失われてしまう。という内容になります。


③インプットしたらアウトプットも心がける。

人間は忘れていく生き物です。重要度合いの高いものから順に残していく様なことになるのですが、この重要度合いを如何にして高めていくかというと、非常に単純ですが、「思い出す」ことです。

アウトプットとは、この学んだ記憶を「思い出して」引っ張り出す作業になります。

学んだ内容の練習問題をやってみたり、過去に学んだ内容のノートの内容を、ちょっと手を加えて書き直してみたり。。色々とアウトプットする方法はあります。


あとは、ダラダラやっても意味がないので、時間制限を加えて、緊張感を演出したり、

内容1▶内容2

▶内容1▶内容2▶内容3

▶内容1▶内容2▶内容3▶内容4

▶内容2▶内容3▶内容4▶内容5

みたいな形で、意識的に反復しながら行ったりと、色々とあります。


是非、

①出来るとこからやる。(モチベーションの維持)

②毎日続ける

③インプットしたらアウトプットも心がける

この3つを心がけて、学習してください。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無駄な勉強時間

お世話になっております。 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、勉強時間に関してのことをよくご相談を受けます。 あくまで体感的なところになるのですが、小学4年生以下の場合、この時点で1時間半も学習時間が取れていれば、割と大したものです。しかし、小学5年生以降だと、単に勉強時間だけを気にすると、妙なことになってしまいます。よく、中学受験生にいらっしゃるのですが、無駄に学習時間だけ取って、あん

数学の文章題。。。。

お世話になっております。 熊本個別指導教室、大牟田個別指導教室どころか、これまで、前職で渡り歩いた教室でも、数学の文章題が苦手だという生徒さんは多々いらっしゃいます。 そもそも、数学の文章題を解くにあたって、どういった思考力が必要になるのか?ですが、ぶっちゃけ多岐にわたります。chatGPT4先生に答えていただきました(笑)。 ・読解力。文章題の内容をしっかりと理解する能力。 どの情報が与えられて

夏休み後のテスト

お世話になっております。 夏休みが明けて、始まったなぁ。。。と残念に思う生徒さんは、熊本個別指導教室でも大牟田個別指導教室でもいらっしゃいますが、割と忘れられているのは定期テストの存在です。 大牟田では夏休み明けての実力テスト後、早い学校では9月15日から2学期の中間テストが実施されますし、荒尾市では前期期末テストが来週には実施されます。 荒尾市の中学校の場合は夏休み期間中の登校日か、夏休み前の全

Comments


bottom of page