top of page

勉強法:アウトプット▶確認の重要性

更新日:2023年7月28日

お世話になっております。

「勉強のときは、アウトプットが重要です」というコトは何度も述べたとおりですが、もう一つ重要なこととして、「解きっぱなしにしないこと」も重要です。

例えば、テスト勉強等でワークを一気に行い、まとめて丸付けをしてしまう生徒さんもいらっしゃるかと思います。

これ、割りとやってしまいがちなことですが、ぶっちゃけ、効率を考えると、非常によろしくありません。

先日の内容でも記憶のことに関して書きましたが、人間、覚えた瞬間が一番忘れてしまうタイミングになります。

このことから、まとめて解いてしまうと、「どうやって解いたか」を忘れてしまいます。

そのため、問題を解いた後は、出来れば解いた直後に丸付けと答え合わせを行ってください。どうしても時間がない!というときは、最低でもその日の内に丸付けしましょう。


数学、理科の物理分野や英語など、考える方の科目で多いのですが、「解けなかった時」の事です。

この手の思考内容に関して、ある程度内容を理解したら練習問題を解くことになりますが、このときに問題が解けなかったとき、解説や解法をじっくりと見ることになるかと思います。

そして、「なんか納得できたら次の問題に進む。」

これが落とし穴です。

解答解説を見て、それで全て解けているのであれば問題ありません。しかし、この状態、大抵はなんか理解して、「解いた気分・解ける気分」になっているだけですね。

この状態を防ぐためには、やはり一番効率的なのは、「解き直すこと」です。

問題を解き直す事で、そのまま復習にも繋がります。

「次の問題に進まなくていいのか?」という疑問もあるかと思いますが、人間、復習しないと覚えません。「覚えた直後に復習」は非常に効率のいい復習のタイミングになります。


「問題を解いた後はすぐに丸付け!」

「分からなかった問題を解答・解説を見た後はすぐに解き直す!」


大牟田個別指導教室・熊本個別指導教室では、上記2点は毎回の授業と、授業後の30分演習の時間で、常時行っております。


#大牟田個別指導教室 #熊本個別指導教室 #大牟田市個別塾 #荒尾市個別塾

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無駄な勉強時間

お世話になっております。 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、勉強時間に関してのことをよくご相談を受けます。 あくまで体感的なところになるのですが、小学4年生以下の場合、この時点で1時間半も学習時間が取れていれば、割と大したものです。しかし、小学5年生以降だと、単に勉強時間だけを気にすると、妙なことになってしまいます。よく、中学受験生にいらっしゃるのですが、無駄に学習時間だけ取って、あん

数学の文章題。。。。

お世話になっております。 熊本個別指導教室、大牟田個別指導教室どころか、これまで、前職で渡り歩いた教室でも、数学の文章題が苦手だという生徒さんは多々いらっしゃいます。 そもそも、数学の文章題を解くにあたって、どういった思考力が必要になるのか?ですが、ぶっちゃけ多岐にわたります。chatGPT4先生に答えていただきました(笑)。 ・読解力。文章題の内容をしっかりと理解する能力。 どの情報が与えられて

夏休み後のテスト

お世話になっております。 夏休みが明けて、始まったなぁ。。。と残念に思う生徒さんは、熊本個別指導教室でも大牟田個別指導教室でもいらっしゃいますが、割と忘れられているのは定期テストの存在です。 大牟田では夏休み明けての実力テスト後、早い学校では9月15日から2学期の中間テストが実施されますし、荒尾市では前期期末テストが来週には実施されます。 荒尾市の中学校の場合は夏休み期間中の登校日か、夏休み前の全

Commentaires


bottom of page