top of page

勉強法:無駄な時間

更新日:2023年7月28日

お世話になっております。

よく、ご相談にいらっしゃる保護者さん、生徒さんの中には、毎日学習時間をしっかりと取られているにもかかわらず、成績が思わしくない生徒さんもいらっしゃいます。

そんな生徒さんたちのある一つのパターンとして、「分からない問題に時間をかけすぎている」というときがあります。


一つの問題に、2~3分考え込むくらいならばまだいいのですが、これが10分以上も停止しているときがあります。

これは非常に時間がもったいないです。無駄とも言えます。


そんなときは、さっさと解答と解説を読んでみましょう。

さて、ここからが重要です。

解説を読んで、さっさと理解が出来たのであれば、特に問題はないのですが、解説を読んでも分からない場合、「分からない」場所と理由を明確にしましょう。

例として、

分からない場所:解説の3行目の内容。

分からない理由:なんでこの単語でこの意味になるのか?

といった具合です。

上記が明確であれば、学校の先生や、塾の先生に質問して解決してしまいましょう!


もし、解答解説をみて、「分からない場所」と「分からない理由」が明確化しないときですが、「分からない」からではなく、「知らない」から停止してしまっているときがあるかもしれません。

人間、分からない問題にいつまでも向き合うコトは苦痛でしかありません。

そんなときは、大きく後退して、基本的な内容から学び直しを行ったほうが、モチベーションも下がらないので、基本的な内容から学び直しましょう。

「戻ったら、逆に時間が無駄じゃないのか?」と思うかもですが、戻ることでより深く基礎的な理解が生まれます。そのため、無駄にはなりません。

ぜひ、基本的なところからの復習を行いましょう。


#大牟田個別指導教室 #熊本個別指導教室 #大牟田個別 #大牟田中学生個別 #大牟田小学生個別 #大牟田受験対策個別 #荒尾個別 #荒尾中学生個別 #荒尾小学生個別 #荒尾受験対策個別 

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無駄な勉強時間

お世話になっております。 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、勉強時間に関してのことをよくご相談を受けます。 あくまで体感的なところになるのですが、小学4年生以下の場合、この時点で1時間半も学習時間が取れていれば、割と大したものです。しかし、小学5年生以降だと、単に勉強時間だけを気にすると、妙なことになってしまいます。よく、中学受験生にいらっしゃるのですが、無駄に学習時間だけ取って、あん

数学の文章題。。。。

お世話になっております。 熊本個別指導教室、大牟田個別指導教室どころか、これまで、前職で渡り歩いた教室でも、数学の文章題が苦手だという生徒さんは多々いらっしゃいます。 そもそも、数学の文章題を解くにあたって、どういった思考力が必要になるのか?ですが、ぶっちゃけ多岐にわたります。chatGPT4先生に答えていただきました(笑)。 ・読解力。文章題の内容をしっかりと理解する能力。 どの情報が与えられて

夏休み後のテスト

お世話になっております。 夏休みが明けて、始まったなぁ。。。と残念に思う生徒さんは、熊本個別指導教室でも大牟田個別指導教室でもいらっしゃいますが、割と忘れられているのは定期テストの存在です。 大牟田では夏休み明けての実力テスト後、早い学校では9月15日から2学期の中間テストが実施されますし、荒尾市では前期期末テストが来週には実施されます。 荒尾市の中学校の場合は夏休み期間中の登校日か、夏休み前の全

Comments


bottom of page