top of page

受験勉強時の注意点

お世話になります。


以前、大学入試の勉強のポイントとして、必要なゴール地点(合格ライン)を意識した勉強を上げましたが、いきなり「これから受験勉強スタート」という生徒さんの中には、それこそ、いきなり受験対策テキストを購入し、それを中心に行うことを始められるかもしれません。もちろん、始めることは問題なしです。

しかし、その前にちょっと待ってください。

受験の問題の種類は、定期テストと違い「総合学力を問われる問題」になります。

つまり、いわゆる基礎力が非常に重要になってくる形です。


今回は主に高校入試の方に焦点を当てます。

定期テストが良くても、実力テストや模擬試験が著しく悪かったりする方は、この「基礎力」課題になっていたりします。

では、この基礎力をつけていくためのポイントは何なのか?


英語:まずは単語、熟語の見直し。

英語は言葉です。まずは一つ一つの言葉の意味を理解しましょう。

文法、長文の見直しをやりながらやっていくのも手です。

しかしながら、この単語習得自体は、非常に地味な作業になります。

単語が分からなければ、問題自体が分からないという状況になりかねません。

単語の習得に関しての、一番の注意点は、発音も正確に覚えていきましょう。

綴りと意味だけ覚えていく作業は、意味のない記号の羅列に強引に意味をつけるようなものです。


数学:基礎計算の見直し。四則計算、文字の計算ルール、方程式のルールをしっかり正しくやっていきましょう。

四則計算、文字の計算、方程式のルールが分からなければ、どれだけ受験対策のテキストを買い込んでも一緒です。

例えば、方程式が理解ができていない生徒に、連立方程式を教えても、理解には恐らくかなりの時間を要します。地味でも、基礎計算練習はしっかりやっていきましょう。


まず、自身がどこまで理解できているか、正確に把握していきましょう。

夏休みはいつもよりもは時間もあるはずです。

熊本個別では、そういった生徒さんの場合、基礎からの見直しも大歓迎です。

この夏、一味違う夏にしてみませんか?


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無駄な勉強時間

お世話になっております。 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、勉強時間に関してのことをよくご相談を受けます。 あくまで体感的なところになるのですが、小学4年生以下の場合、この時点で1時間半も学習時間が取れていれば、割と大したものです。しかし、小学5年生以降だと、単に勉強時間だけを気にすると、妙なことになってしまいます。よく、中学受験生にいらっしゃるのですが、無駄に学習時間だけ取って、あん

数学の文章題。。。。

お世話になっております。 熊本個別指導教室、大牟田個別指導教室どころか、これまで、前職で渡り歩いた教室でも、数学の文章題が苦手だという生徒さんは多々いらっしゃいます。 そもそも、数学の文章題を解くにあたって、どういった思考力が必要になるのか?ですが、ぶっちゃけ多岐にわたります。chatGPT4先生に答えていただきました(笑)。 ・読解力。文章題の内容をしっかりと理解する能力。 どの情報が与えられて

夏休み後のテスト

お世話になっております。 夏休みが明けて、始まったなぁ。。。と残念に思う生徒さんは、熊本個別指導教室でも大牟田個別指導教室でもいらっしゃいますが、割と忘れられているのは定期テストの存在です。 大牟田では夏休み明けての実力テスト後、早い学校では9月15日から2学期の中間テストが実施されますし、荒尾市では前期期末テストが来週には実施されます。 荒尾市の中学校の場合は夏休み期間中の登校日か、夏休み前の全

Comentarios


bottom of page