top of page

学校の宿題を一生懸命やっても、成績は上がらない。

 お世話になっております。

 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、「学校の宿題は一生懸命やっているけど、成績が上がらない。」というご相談、よく伺います。

 最近の公立中学の宿題といえば、「1ページの自学ノート」正直、成績が上がっていない生徒さんほど、色使いも丁寧だったり、きれいにまとめ上げられていたりで、一見、非常に良いノートであることが多いです。

 しかし、実際は理屈で考えても、学校の宿題だけでは学校の成績というものは、上がるはずもありません。


 この理屈ですが、一次関数の公式、y=ax+bで考えると分かりやすいのです。

 もちろん、全てがそうだとは言えませんが、大体の生徒に割りと当てはまります。

 y=成績:単純に順位で考えて頂いてもいいかと思います。

 x=時間:純粋に、学習という行動にかける時間です。

 a=学習量・内容:学習量と内容。

 b=元々の能力:文章理解力や、計算力、論理思考力、自己肯定感といった、単元内容以外での部分。

 xの部分ですが、単に毎日の学習が宿題だけだったり、テスト前だけ集中した学習の場合は「0」と考えても差し支えないかと思います。

 また、自己肯定感のこじれの可能性もありますが、変に問題1問に時間を掛けすぎていても、伸び率が悪くなってしまいます。

 bの能力ですが、意外と多いのですが、少し簡単な小学生の例題です。

 480mの道のり分速80mで歩くと、何分掛かるか」という問いの計算式が書けなかったりするケースです。頭の中では直感的に「6分」と分かってはいるのですが、「計算式に」となると、出てこない生徒は、意外に多いです。

 これは、頭の中で、「道のり=速さ×時間」といった計算式の関係が、うまく繋がっていないせいだと言えます。


 一番下の能力が低くとも、素の能力を鍛えてから学習成績が上がるパターンの生徒さんのグラフ、出来すぎているのではないか?

 というご意見はごもっともですが、実はこの例、少なくありません。

 blogの中の人が携わった生徒さんの中には、偏差値45以下から、西南大学に合格した生徒もいますし、最近であれば、定期テストで2点▶42点まで上がった生徒さんもいます。


 最近は、単純な論理思考が苦手な生徒さんが多くいらっしゃる為、自身が国語の現代文が專門であることを活かして、無料で国語の授業でもやろうかと考えています。

 実施する際は、またお知らせさせていただきます。


#大牟田個別指導教室 #熊本個別指導教室 #大牟田個別 #大牟田中学生個別

#大牟田小学生個別 #大牟田受験対策個別 #荒尾個別 #荒尾中学生個別 

#荒尾小学生個別 #荒尾受験対策個別 #明光学園中学受験対策

#大牟田市定期テスト対策 #荒尾市定期テスト対策 #明光学園中学入試対策


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大牟田個別指導教室中間テスト結果

お世話になっております。 先日、大牟田市の一部の公立中学校で中間テストが実施されました。 当然、大牟田個別指導教室に通っていただいている生徒さんも受講されてきました。 その一部の生徒さんの結果ですが、 5科目合計点で、昨年度学年末から今回の一学期中間テスト:86点UP! その中でも数学は31点アップ!英語は20点UP! 生徒さんと一緒に反省会しましたが、数学は凡ミスで10点近く落としていたことを非

スマートフォンの利用制限のメリット

お世話になっております。 先日のブログから、1日3時間以上のスマートフォンを使用している生徒さんの成績上昇率は0%という記事を書きましたが、利用制限をした場合のメリットは、どういったところがあるかですが、チャットGPT-4o先生に教えていただきました(笑) 1. 生産性の向上 集中力の向上: スマートフォンの通知やソーシャルメディアは集中力を妨げる原因になります。これらを制限することで、仕事や学習

Comments


bottom of page