top of page

定期テストの点数と成績の上げ方。

 お世話になっております。

 中学生の学年末テスト、もうスグですね!

 定期テストの点数を上げるため。と考えて、今回は平均点以下の生徒さん向けに。

 

 前職から縁があり、かれこれ個別指導塾に携って16年目になりますが、定期テストが平均点以下の生徒さんは、大体総じて日常の問題量と種類が不足しているケースがよくあります。

 ぶっちゃけ、問題量をこなせば、大体の生徒さんは平均点くらい取れます。

 ここで勘違いされがちなんですが、問題量=学習時間では無いということです。

 ここでいう問題量というのは、自分の頭を使って解いている問題量です。

 さらに勘違いされそうなのですが、あくまでも、「解いている問題量」であって、「正解している問題量」ではありません。別に間違っていてもいいんです。

 間違っていたら、解説などをみて、考え方を修正すればいいだけなので。

 どの生徒さんにも言っていますが、「必ず丸つけをしましょう。また、間違っていても、消しゴムで消す必要はありません。修正は赤であればいいだけ」です。

 丸つけは自分の思考の確認作業です。丸つけをすることで自分の思考の正誤が確認出来ます。また、丸が増えていくことで自己肯定感を育むことにもつながります。

 

 また、「定期テストの勉強=課題で出されているワークを終わらせること」と勘違いしている生徒さんもよくお見受けします。

 原則的に、定期テストは「教科書、ワーク、学校の授業で配布したプリント」の内容以外から出題してはいけません。そのため、定期テストの勉強=ワークをやることは間違いではありません。しかし、1回やった程度で身につくことは少ないですし、1回なら課題で出題されていますので、皆やっています。そのため、「成績=順位を上げる」と考えた場合、1回では少なすぎます。

 本気で順位を上げたいのであれば、最低でも3回くらいは繰り返しましょう。どの様にして行うかは、以前のブログにございますので、ご参考いただければ幸いです。


 原則的に、定期テストは「教科書、ワーク、学校の授業で配布したプリント」の内容以外から出題してはいけませんので、極端ではありますが、上記の3つを完璧に覚えていれば、理屈では満点が取れることになります。

 


 

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大牟田個別指導教室中間テスト結果

お世話になっております。 先日、大牟田市の一部の公立中学校で中間テストが実施されました。 当然、大牟田個別指導教室に通っていただいている生徒さんも受講されてきました。 その一部の生徒さんの結果ですが、 5科目合計点で、昨年度学年末から今回の一学期中間テスト:86点UP! その中でも数学は31点アップ!英語は20点UP! 生徒さんと一緒に反省会しましたが、数学は凡ミスで10点近く落としていたことを非

スマートフォンの利用制限のメリット

お世話になっております。 先日のブログから、1日3時間以上のスマートフォンを使用している生徒さんの成績上昇率は0%という記事を書きましたが、利用制限をした場合のメリットは、どういったところがあるかですが、チャットGPT-4o先生に教えていただきました(笑) 1. 生産性の向上 集中力の向上: スマートフォンの通知やソーシャルメディアは集中力を妨げる原因になります。これらを制限することで、仕事や学習

Commenti


bottom of page