top of page

年度最初の定期テスト

お世話になっております。

もうじき、大牟田市では1学期の中間テスト、荒尾市では前期の中間テストが始まります。


この年度最初のテストですが、割りと簡単な内容になることが多いので、昨年度の学年末試験の点数よりも大幅に点数が上がる事が多いですし、どこの塾も来てくれている生徒の点数が上がったことをアピールされます。

しかしながら、実は一喜一憂だけで終わらせるものではありません。

というのもの、先程述べた通り、年度最初のテストは割りと簡単な内容になることが多く、点数アップをすること自体は生徒さんの自信にもつながって良いのですが、問題になるのはその後です。


数学・英語はピラミッド型、理科・社会はパズル型の学習と言われます。

ピラミッド型の例として、中学の1年生の数学は非常に分かり易い並びになっております。


中学1年生の数学の大単元として行われる順番は、

①正負の数

②文字式

③方程式

④比例・反比例

⑤平面図形

⑥空間図形

⑦資料の活用

と7つの大単元をそれぞれ行っていく形になります。


そして、今回の1学期中間テストと、前期の中間テストでメインで行われる大単元は①の正負の数の単元です。

(下記の数学の系統図は啓林館様のHPで高校数学の内容までの相関図を見ることが出来ます。図のリンクは啓林館様のHPで公表されているPDFになります)


これを見ると、中学1年生の正負の数の内容が、その後の②文字式、③の方程式、④比例・反比例まで続くのが分かりますし、次学年を通り越して3年の平方根にまで影響を出してしまうことがわかります。

このように、各学年の最初の行う単元が、如何にその後の単元に影響を出してしまいます。

(ちなみに、直接的な矢印は書かれてありませんが、平面図形と空間図形の計算領域では、②文字式と③方程式の計算方法を多用します。)


そのため、単に点数が上がったという結果だけではなく、今回のテストでの理解度は、その後の学習内容の理解にも大きく影響を出してしまいますので、ご注意ください。


理科と社会といった、パズル型に関しては、また後日。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大牟田個別指導教室中間テスト結果

お世話になっております。 先日、大牟田市の一部の公立中学校で中間テストが実施されました。 当然、大牟田個別指導教室に通っていただいている生徒さんも受講されてきました。 その一部の生徒さんの結果ですが、 5科目合計点で、昨年度学年末から今回の一学期中間テスト:86点UP! その中でも数学は31点アップ!英語は20点UP! 生徒さんと一緒に反省会しましたが、数学は凡ミスで10点近く落としていたことを非

スマートフォンの利用制限のメリット

お世話になっております。 先日のブログから、1日3時間以上のスマートフォンを使用している生徒さんの成績上昇率は0%という記事を書きましたが、利用制限をした場合のメリットは、どういったところがあるかですが、チャットGPT-4o先生に教えていただきました(笑) 1. 生産性の向上 集中力の向上: スマートフォンの通知やソーシャルメディアは集中力を妨げる原因になります。これらを制限することで、仕事や学習

Comments


bottom of page