top of page

数学強化方法~基本は計算

更新日:2023年5月31日

お世話になっております。

数学が苦手だ!計算なんか見たくもない!!

という生徒さん、毎年そんな生徒さんがいらっしゃいますが、そんな生徒さん、大きく分けて2通りいらしゃいます。


・極端に計算が遅い生徒

・逆に、極端に暗算が早い生徒


・極点に計算が遅い生徒さんの場合

数字の判断に時間がかかっているケースが多いです。

まずは、二桁の足し算引き算の計算が、10問あたり1分を目安にできるようになりましょう。なぜ二桁の計算なのか?

計算というのは、言ってしまえば数字の判断の連続です。

小学校低学年の二桁計算から、中学年になると桁の大きな計算・小数の計算、小学校高学年の分数の計算になると、通分と約分の判断も必要になってきます。

また、中学生になってくると、+とーの正負の判断も必要になってきますし、文字(xとかy等)の判断も必要になってきます。

その最も基本的な判断というのが、2桁の足し算引き算の、繰り上がりと繰り下がりになります。

それぞれの計算の判断が、迷いなく出来てきたら、次の逆に「極端に暗算が早い生徒さんの場合」と同じく、計算式を書いていく練習を行いましょう。


・逆に、極端に暗算が早い生徒さんの場合

極端に暗算が早い生徒さんの場合、計算式を書かないorどう書いていけばいいか分かっていない生徒さんが多いです。

計算を書かない生徒さんの場合は、単純に書くように癖つけていけばいいだけですが、問題は、どう書けばいいか分かっていない生徒さんです。

この手の生徒さんの場合、どう書き進めていいかをよく分かっていないため、計算ルールにそって、計算式を書く順番を決めてから、計算練習を繰り返していく方法が有効です。


また、学校の授業ではサクッと内容を説明されて、その直後に教科書の計算を解かされるため、なんとなく出来てしまうのですが、理屈(内容)の理解も非常に重要です。

例えば、ー(6-11)=5の計算。

これは( )の前のーが、-1✕(6-11)と同じことになるのを、_部分が式から省略されていることを理解しておく必要があります。


さて、少し横道に逸れましたが、下記は計算の順番の例です。


上記の様に、文字式の分数計算であるならば、「まず最初に通分!次に一つの式にまとめる!最後に同じ項をまとめる!」というように、ルールに沿って、計算の順番を決めておきましょう。

ある程度の順番が決まっていると、計算の手順に迷うこともありません。


上記の後は、単純ですが、「反射的に計算出来るように、ひたすら計算練習!」となります。

数学が苦手な生徒さん、計算練習を面倒がらずにしっかり行ってください!


熊本個別指導教室、大牟田個別指導教室では、こういった計算練習も安価受講出来る「集団個別コース」もご用意しております。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

数学の文章題の式の作り方

お世話になっております。 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、よく、「基本的な計算は大丈夫だけど、文章題が苦手」というお声をよく聞きます。 単元によって、ある程度の違いはありますが、基本的な考え方は同じです、 以前まではchatGPT3.5を使っていましたが、より高性能なchatGPT4に変更いたしました! 使ってみて非常に便利! ちょっと試しに「中学数学の文章題の式の作り方 中学生にも

明光学園中学の算数の過去問解説を掲載しました。

先日のブログで、「熊本個別指導教室・大牟田個別指導教室、どちらも明光学園中学の算数の過去問を作成している」という様な旨を記載させていただきました。 また、同時に解説の一部をこのHPに載せるとも記載しておりましたので、実際に「数学問題集」ページに掲載させていただきました。(明光学園のご関係者様、問題の掲載許可ありがとうございます。) 平成31年~29年の解説を、算数の過去問と一緒に掲載いたしましたが

算数と数学の用語は非常に重要です。

お世話になっております。 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、生徒さんの授業の半数以上が算数か数学を希望されています。 ぶっちゃけ、算数・数学が得意な人から見ると、「そんなに教えることある?」と疑問に持つ人もいました。ちなみに、これ、過去に知り合った熊本県全域に校舎を持つ有名塾の数学の先生からも同じ事を言ってました。 算数・数学の点数を上げるため、よく練習問題のみを行っている生徒さん、い

Comments


bottom of page