top of page

練習問題を多く解いたほうが成績は上がるのか?

 お世話になっております。

 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、練習問題の量は非常に豊富にあります。

 ここで、よくある質問ですが、「練習問題は数多く解いたほうがいいのか?」ということで、chatGPT4先生に答えていただきました。


 練習問題を多く解くことが学校の成績向上に直接つながるかは、いくつかの要因によって異なります。しかし、多くの学習理論や教育の専門家は、練習問題を解くことが学習と成績の向上に有益であると認識しています。以下は、その理由や注意点をいくつか挙げます:

  1. 理解の確認: 練習問題を解くことで、学習した内容を理解しているか、またその理解が正確であるかを確認することができます。

  2. アクティブラーニング: 問題を解く過程は、受動的に情報を受け取るのではなく、自分で考えることを要求されるため、深い理解へと導くことができます。

  3. 繰り返しの効果: 脳は繰り返し行われるタスクや情報を強化しやすい。練習問題を繰り返し解くことで、知識や技能の定着が促されます。

  4. 試験への対策: 練習問題や過去のテスト問題を解くことで、実際のテストの形式や問われる内容に慣れることができます。

  5. フィードバックの取得: 間違えた問題を通じて、自分の弱点や誤解を明確に把握し、それに基づいて再学習することができます。

注意点

  • 質重視: 単に多くの問題を解くだけではなく、解いた問題から何を学んだか、間違いの原因は何かを深く考え、反省することが重要です。

  • 適切な難易度: あまり簡単な問題ばかりを解くと、成長の機会を逃す可能性があります。逆に、難しすぎる問題ばかりを解くと、挫折感や学習意欲の低下を招く可能性があります。

  • バラエティ: 一つのトピックや問題形式だけに偏らず、さまざまな種類の問題を解くことで、広範な知識や技能を身につけることができます。

 結論として、練習問題を多く解くことは、一般的に学習の定着や成績の向上に役立つとされますが、その際のアプローチや反省の深さが重要であると言えます。


 はい、やっぱり数は解いたほうが、より深い理解に繋がりますが、「問題の質」というものも考えましょう。との事でした。

 概ね、教育関係の関係者の方々も同意見だと思われます。


#大牟田個別指導教室 #熊本個別指導教室 #大牟田個別 #大牟田中学生個別

#大牟田小学生個別 #大牟田受験対策個別 #荒尾個別 #荒尾中学生個別 

#荒尾小学生個別 #荒尾受験対策個別 #明光学園中学受験対策

#大牟田市定期テスト対策 #荒尾市定期テスト対策 #明光学園中学入試対策


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大牟田個別指導教室中間テスト結果

お世話になっております。 先日、大牟田市の一部の公立中学校で中間テストが実施されました。 当然、大牟田個別指導教室に通っていただいている生徒さんも受講されてきました。 その一部の生徒さんの結果ですが、 5科目合計点で、昨年度学年末から今回の一学期中間テスト:86点UP! その中でも数学は31点アップ!英語は20点UP! 生徒さんと一緒に反省会しましたが、数学は凡ミスで10点近く落としていたことを非

スマートフォンの利用制限のメリット

お世話になっております。 先日のブログから、1日3時間以上のスマートフォンを使用している生徒さんの成績上昇率は0%という記事を書きましたが、利用制限をした場合のメリットは、どういったところがあるかですが、チャットGPT-4o先生に教えていただきました(笑) 1. 生産性の向上 集中力の向上: スマートフォンの通知やソーシャルメディアは集中力を妨げる原因になります。これらを制限することで、仕事や学習

Comentários


bottom of page