top of page

英会話スクールに通っているからといって、学校の英語の成績が上がるとは限らない。

 お世話になっております。

 たまにあるご相談なのですが、「英会話スクールに通っているのに英語の成績がよろしくない」ケース。熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、この様なご相談、あります。

 どちらも「英語」になるため、「英会話スクールに通っているのに、なんで?」となってしまいますが、これ、ちょっと冷静に考えると、至極当然だったりします。


  1. カリキュラムの違い:英会話スクールは、会話能力を中心に教えることが多く、学校の英語のテストは文法、語彙、読解、作文など、より広範囲のスキルを要求することがあります。このため、スクールでの学習がテストの内容と一致しない可能性があります。

  2. 学習方法の違い:英会話スクールでは実用的な会話能力の向上に焦点を当てていることが多く、学校のテストではアカデミックな知識や詳細な文法知識が求められることがあります。このギャップが成績に反映されることがあります。

  3. テスト対策の不足:学校のテストには特有のフォーマットや問題タイプがあり、これらに特化した勉強をしていない場合、成績が伸び悩む可能性があります。


 単純なところから言うと、要するにカリキュラムが違ったり、そもそも学習目的違ったりしてきます。

 しかし、英会話を行うことで、学校の授業に対してのメリットもあるのも事実です。


  1. 会話能力の向上:英会話スクールでは実践的な会話スキルが重視されるため、生徒は流暢さや発音の改善に役立つ経験を積むことができます。

  2. 自信の向上:会話スキルが向上すると、生徒は英語を話す際に自信を持つようになり、これが学校の授業での積極的な参加を促す可能性があります。

  3. 語彙の拡充:日常会話で使用される幅広い語彙を学ぶことで、学校での読解や作文に役立つことがあります。

  4. 文化的理解の向上:英会話スクールではしばしば異文化に触れる機会があり、これが学校の英語学習における文化的コンテキストの理解を深めることにつながることがあります。


 統合して考えると、単純に会話能力の向上だったり、自信をつけることもできますが、カリキュラムが違ったり、そもそもの目的が違うという部分もありますので、テストの成績向上のためには、追加で勉強をする必要性が出てくることがあります。



#大牟田市定期テスト対策 #荒尾市定期テスト対策 #明光学園中学入試対策

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大牟田個別指導教室中間テスト結果

お世話になっております。 先日、大牟田市の一部の公立中学校で中間テストが実施されました。 当然、大牟田個別指導教室に通っていただいている生徒さんも受講されてきました。 その一部の生徒さんの結果ですが、 5科目合計点で、昨年度学年末から今回の一学期中間テスト:86点UP! その中でも数学は31点アップ!英語は20点UP! 生徒さんと一緒に反省会しましたが、数学は凡ミスで10点近く落としていたことを非

スマートフォンの利用制限のメリット

お世話になっております。 先日のブログから、1日3時間以上のスマートフォンを使用している生徒さんの成績上昇率は0%という記事を書きましたが、利用制限をした場合のメリットは、どういったところがあるかですが、チャットGPT-4o先生に教えていただきました(笑) 1. 生産性の向上 集中力の向上: スマートフォンの通知やソーシャルメディアは集中力を妨げる原因になります。これらを制限することで、仕事や学習

تعليقات


bottom of page