top of page

試験範囲に関して。

更新日:2023年7月28日

お世話になっております。

大牟田市では今日が中間テスト初日を迎えた中学校も多くあります。

ちょっと?と思うのは、定期テストは多いほうが、それだけ普段机に向かわない生徒も、テスト前だけはちょっとは机に向かう様になるいい機会になるのですが、学校授業進捗ありきの定期テスト範囲になってしまっていることです。


例えば、数学の場合、2年生の1学期の定期テストでは、1学期は36時間の授業において、

文字式の内容(多項式):15時間。

方程式(連立方程式):12時間

関数(1次関数):9時間(前半まで。後半は夏休み明け。)


となっており、1学期の中間テストでの主な範囲は文字式の内容が主になるはずなのですが、何故か学校によっては1年生の空間図形と資料の活用が主な試験範囲に指定されている学校もある模様です。

この場合、ずるずると授業ペースが遅くなってしまうことになります。最終的にこの遅れてしまうペースのしわ寄せはどこに来るかというと、入試前になってしまいます。ご注意ください。


#大牟田個別指導教室 #熊本個別指導教室 #大牟田個別 #大牟田中学生個別 #大牟田小学生個別 #大牟田受験対策個別 #荒尾個別 #荒尾中学生個別 #荒尾小学生個別 #荒尾受験対策個別 #明光学園中学受験対策 #大牟田市定期テスト対策 #荒尾市定期テスト対策

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大牟田個別指導教室中間テスト結果

お世話になっております。 先日、大牟田市の一部の公立中学校で中間テストが実施されました。 当然、大牟田個別指導教室に通っていただいている生徒さんも受講されてきました。 その一部の生徒さんの結果ですが、 5科目合計点で、昨年度学年末から今回の一学期中間テスト:86点UP! その中でも数学は31点アップ!英語は20点UP! 生徒さんと一緒に反省会しましたが、数学は凡ミスで10点近く落としていたことを非

スマートフォンの利用制限のメリット

お世話になっております。 先日のブログから、1日3時間以上のスマートフォンを使用している生徒さんの成績上昇率は0%という記事を書きましたが、利用制限をした場合のメリットは、どういったところがあるかですが、チャットGPT-4o先生に教えていただきました(笑) 1. 生産性の向上 集中力の向上: スマートフォンの通知やソーシャルメディアは集中力を妨げる原因になります。これらを制限することで、仕事や学習

Comments


bottom of page