top of page

進学高校の選びかた②高専から大学進学を考える場合。

 お世話になっております。

 毎年の事ですが、進学先に「なんとなく高専」という生徒さんが一定数いらっしゃいますが、そういう生徒さんに限って、高専の特色をご存知ありません。

 高専は、正式名称「高等専門学校機構」となります。一応、公立も私立もありますが、国立であることが多いです。


 「高等専門学校機構」となるため、一種の専門学校であるという認識になります。

 (一般的に言われる「専門学校」の場合、「専修学校専門課程」となりますので、こちらの方は、一般的には高等学校の卒業生が対象になります。)


 「高専に行ってから大学進学」という絵図を描く生徒さんもいらっしゃるのですが、高専3年終了時に大学進学の道を選ぼうとすると、「高専を3年で中退」という形になります。

 しかし、中退扱いではありますが、高等卒業の相当という形になりますので、大学受験の資格には当てはまります。が、中退のためには諸々の労力も必要ですし、受験する大学によっては、自力で受験科目の勉強を行わなくてはならなくなるので注意が必要です。

 例えば、数学に関しても高専の数学と、高校進学校の数学とでは、学ぶ内容に違いが出てきます。英語・国語に関しても同様です。


 そのため、高専から大学進学の場合、「5年で高専を卒業し、大学へ3年時編入」という形が一般的です。

 しかしながら、高専にも四大卒相当の資格のため、高専を五年で一旦卒業し、専攻科2年課程へ進む道もあります。

最近はこの専攻科へ進む生徒さんも増えてきている印象です。


 飽くまで体感になりますが、「普通科高校から大学進学した大学三年生スタート時の知識・技術」と、「高専五年卒業時」では、正直、その専門の「技術・知識」に置いては、「高専五年卒業時」の学生さんのほうが、優秀であると思います。


 ちなみに、高専から全く畑違いの「経済学部」や「医療系学部」への編入の場合、これもまた非常に労力を使いますので、ご注意ください。


 そのため、当教室では、中学3年時点で既に「ものづくり関係に進む!」と決めている生徒さんにとっては、高専は非常におすすめな進学先になります。

 逆に「なんとなく高専」という生徒さんには、将来希望の職業が決まったときの専門性があまりにも違いすぎる場合、諸々と大変になるため、お勧めしておりません。

閲覧数:384回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大牟田個別指導教室中間テスト結果

お世話になっております。 先日、大牟田市の一部の公立中学校で中間テストが実施されました。 当然、大牟田個別指導教室に通っていただいている生徒さんも受講されてきました。 その一部の生徒さんの結果ですが、 5科目合計点で、昨年度学年末から今回の一学期中間テスト:86点UP! その中でも数学は31点アップ!英語は20点UP! 生徒さんと一緒に反省会しましたが、数学は凡ミスで10点近く落としていたことを非

スマートフォンの利用制限のメリット

お世話になっております。 先日のブログから、1日3時間以上のスマートフォンを使用している生徒さんの成績上昇率は0%という記事を書きましたが、利用制限をした場合のメリットは、どういったところがあるかですが、チャットGPT-4o先生に教えていただきました(笑) 1. 生産性の向上 集中力の向上: スマートフォンの通知やソーシャルメディアは集中力を妨げる原因になります。これらを制限することで、仕事や学習

Kommentare


bottom of page