top of page

高校入試の内容

お世話になっております。

中学3年生にとっては、いやでも意識をしなくてはならない、内申点。

この内申点ですが、入試の際、テスト結果と総合的に合否を判断する材料であることは変わらないのですが、各都道府県で、細かい部分で扱われ方が違ってきます。

その前に、「内申点とはなんぞや?」という方のために、少し横道にそれます。


内申点とは、通知表の5段階評価の点数と思っていただいて結構です。

良ければ「5」

悪ければ「1」

になります。

(ちなみに、「1」をつけるには、学校の先生方も結構な勇気がいるそうです。)


話を元に戻しまして、熊本県の場合、少しばかり入試の合否判定の仕組みは面倒です。

というのも、まず、前期試験では内申点はがっつり見られます。

これはテスト結果ではなく、「受検者の多様な能力・適正や意欲・関心、努力の成果などの優れた面を積極的に評価」「特色のある学校にするための選抜」という方針のためです 。

そのため、入試は5科目の試験はなく、 面接、小論文、実技検査、実験、自己表現、総合的な学習の時間の成果発表などになってきます。


続いて後期試験の場合ですが、熊本県の場合、よく入試の一発勝負と言われています。

これはある意味正解で、ある意味不正解です。

熊本県の公立入試の合否判定は、2段階の審査になります。


1段階目は、非常に単純に言ってしまえば、内申点とテストの成績、双方に順番をつけて、その両方が定員数内の順番に入っていれば、合格となります。

2段階目、これが一発勝負と言われている理由なのですが、テストの順番でのみ、判断をする高校が多いということです。この2段階目の審査は、公立高校でも、各高校によって変わってきます。詳しくお話を。。。という方、ぜひお問い合わせください。




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大牟田個別指導教室中間テスト結果

お世話になっております。 先日、大牟田市の一部の公立中学校で中間テストが実施されました。 当然、大牟田個別指導教室に通っていただいている生徒さんも受講されてきました。 その一部の生徒さんの結果ですが、 5科目合計点で、昨年度学年末から今回の一学期中間テスト:86点UP! その中でも数学は31点アップ!英語は20点UP! 生徒さんと一緒に反省会しましたが、数学は凡ミスで10点近く落としていたことを非

スマートフォンの利用制限のメリット

お世話になっております。 先日のブログから、1日3時間以上のスマートフォンを使用している生徒さんの成績上昇率は0%という記事を書きましたが、利用制限をした場合のメリットは、どういったところがあるかですが、チャットGPT-4o先生に教えていただきました(笑) 1. 生産性の向上 集中力の向上: スマートフォンの通知やソーシャルメディアは集中力を妨げる原因になります。これらを制限することで、仕事や学習

Comments


bottom of page