top of page

論理的思考力の強化方法

更新日:2023年5月31日

お世話になっております。

よく、生徒さんから国語の現代文の領域に置いて、どうやって勉強したらいいのか分からない。とのお声を頂きます。

そういう生徒に限って、国語の現代文の領域の学習目的を知らなかったりします。

では、国語の現代文領域、そもそも何を勉強する科目なのでしょうか?


文章の表現力や、小説、小論等から、教養を養う意味もありますが、一番の目的は論理思考力の強化になります。


論理思考とはなんぞや?という生徒さんに対して、噛み砕いて説明しますと、論理思考とは、物事の根拠と結論(原因と結果)に分けて、その筋道を捉えながら考えていく思考力です。

要は、結論に対して、「なんで?どうして?」と考えたり、原因から「だからこうなる。」と考える力のことです。

竹を割った様な例えでいうと、「お金があったほうが幸せになれる」▶なんで?▶「欲しい物が買える」となりますし、逆に考えると、「欲しい物が買える」▶だから▶「幸せになれる」という感じです。


この思考力がないと、物事の本質を捉えられなかったり、コミュニケーションがうまくいかなかったり、社会では色々と苦労します。


前置きが長くなりましたが、この論理思考力、どうやって鍛えたらいいのか?というのが今回の本題ですが、論理思考力とは、総合力の一種です。

総合力とは、複数の力が噛み合わさって、一つの力になっているものの事です。

つまり、噛み合わさっている歯車それぞれを強化していく必要があります。


  1. 具体的に考えてみたり、抽象的に考えてみたりする

  2. 比較して考えていく

  3. 因果関係を考えていく

もちろん、他にも細々とありますが、大きくはこの3つになります。


  ①具体的に考えてみたり、抽象的に考えてみたりする

例えば、単純に「数学を頑張る!」と言っても、「何を?」となってしまいます。

これが、「数学の点数を上げるために頑張る!」としたら、数学を頑張る目的が「点数アップのため」と、少し具体性が出てきます。しかし、この段階でも、まぁ数学を頑張るのは分かりますが、一体何を頑張るのか、まだ良くわからない形です。

しかし、「数学の点数を上げるため、計算練習問題を頑張る!」となると、上記の通り、目的が明確な上に、何を「頑張る!」のかも見えてきます。

逆に、「数学の点数を上げるため、計算練習問題を頑張る!」というのを、一言でいうと、「数学を頑張る!」となるわけです。


  ②比較して考える

比較して考えるコツですが、「価値観を崩さない」ということが重要です。

例えば、自宅から100m先のコンビニまで行くとします。この場合、

「100m先なら車で行くよりも、むしろ徒歩の方が早いから、歩いて行く」と考えるか、

「100m先のコンビニだけど、歩くと疲れるし、車のほうが楽でいいから車で行く」

と考えるかです。

これは、「歩いたほうがいいか、車の方がいいか」というところに対して、前者であれば、価値観を「時間が掛かるか掛からないか」後者であれば「楽かどうか」で判断されています。

この様に、価値観を揃えて考えていくだけでも、論理思考の練習になります。


③因果関係を考える

少し考えて頂きたいのですが、「成績を上げたいから塾にいく」一見、なんの不都合も無い文章に見えてしまいますが、実はこれ、大きく因果関係が壊れています。

ちなみに、この因果関係の壊れ具合は、よく入試問題でも出題されます。

さて、「成績悪いから塾に行く」というのを、少し整理しますと、

原因:成績が悪い

結果:塾に行こうと思う

となりますが、これを逆に考えて見ましょう。

「塾に行かないから成績が悪い」

ぶっちゃけ、塾に行っていない生徒さんが、全員成績が悪いわけではありません。

塾に行っていないからといって、行っていない生徒さん全員が成績が悪いわけでありません!となります。

「成績悪いから塾に行くというのを、因果関係をつなげるのであれば、

原因:成績が悪い

目的:成績を上げたい

行動:どうすればいいか分からない

結果:塾に行こう(専門家を頼ろう)

となると、「成績を上げたいが、どうすればいいか分からない。だから塾に行こう」という文章になり、逆から考えても因果関係が繋がります。

この様に、原因▶結果で考えるだけではなく、結果▶原因みたいに、逆から考えていく習慣もつけていきましょう。


熊本個別指導教室では、毎年、夏休みの夏期講習では、この手の論理思考強化の国語の授業を行っており、毎年非常に好評を頂いております。

今年は大牟田個別指導教室を開校したため、大牟田個別指導教室でも行う予定です。

詳細はお問い合わせのほど、よろしくお願いいたします。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

無駄な勉強時間

お世話になっております。 熊本個別指導教室でも、大牟田個別指導教室でも、勉強時間に関してのことをよくご相談を受けます。 あくまで体感的なところになるのですが、小学4年生以下の場合、この時点で1時間半も学習時間が取れていれば、割と大したものです。しかし、小学5年生以降だと、単に勉強時間だけを気にすると、妙なことになってしまいます。よく、中学受験生にいらっしゃるのですが、無駄に学習時間だけ取って、あん

数学の文章題。。。。

お世話になっております。 熊本個別指導教室、大牟田個別指導教室どころか、これまで、前職で渡り歩いた教室でも、数学の文章題が苦手だという生徒さんは多々いらっしゃいます。 そもそも、数学の文章題を解くにあたって、どういった思考力が必要になるのか?ですが、ぶっちゃけ多岐にわたります。chatGPT4先生に答えていただきました(笑)。 ・読解力。文章題の内容をしっかりと理解する能力。 どの情報が与えられて

夏休み後のテスト

お世話になっております。 夏休みが明けて、始まったなぁ。。。と残念に思う生徒さんは、熊本個別指導教室でも大牟田個別指導教室でもいらっしゃいますが、割と忘れられているのは定期テストの存在です。 大牟田では夏休み明けての実力テスト後、早い学校では9月15日から2学期の中間テストが実施されますし、荒尾市では前期期末テストが来週には実施されます。 荒尾市の中学校の場合は夏休み期間中の登校日か、夏休み前の全

Bình luận


bottom of page